HOME » 高麗人参はサプリで摂るのがお得! » サプリメント選びのポイント

サプリメント選びのポイント

高麗人参のサプリメントを選ぶ際に注目したいポイントについて解説します。 

高麗人参の産地

高麗人参が自生している地域は中国から朝鮮半島までと広範囲で、栽培技術が確立されたため今では中国・韓国・日本などで栽培が行われています。

現在の主な生産地は中国の長白山(白頭山)、韓国の忠清南道錦山郡と仁川広域市江華郡、そして豊城(プンギ)産の物が有名です。

高麗人参の品種

  • 高麗人参
    一般に薬用人参と呼ばれるもので、中国では数千年前から珍重され続けてきました。自生している高麗人参はごく稀で、ときおり発見されますがとても高額な値段で取引されています。現在親しまれている高麗人参はほとんどが栽培されたものです。
  • 御種人参
    高麗人参は日本にはもともと自生していなかったのですが、江戸時代中期に幕府が密かに種子を入手し、栽培に成功させたものが御種人参と呼ばれています。島根、長野、福島などでは今も栽培が続けられています。
  • 田七人参
    高麗人参と同じ仲間に属し、アジアでは止血、消炎、鎮痛などの民間薬として使われてきました。

加工法の種類

まず、高麗人参は加工法によって水参・白参・紅参の3種類に大別できます。

  • 水参
    掘ったそのままの物でサムゲタンなどの韓国料理に使用されます。
  • 白参
    生の高麗人参の皮をむき天日干しをした物で長期保存に向くため、漢方やお茶の材料に。
  • 紅参
    特に珍重されているのが紅参で、これは水蒸気で蒸した高麗人参を乾燥させ、効能を高めたものです。

高麗人参の栽培年数

一般的に高麗人参は栽培年数3~4年で出荷されることがほとんどですが、長い年月をかけてじっくりと栄養を吸収させ育て上げた6年根は手間隙かけただけのことはあり4年根の約2倍の重量でサポニンを始めとした有効成分も豊富に育ちます。

そのため6年根は高級品として重宝されていて、これを使用したサプリメントなどは高麗人参健康食品の中でも特にオススメです。

産地や年数、口コミ評価に注目!高麗人参サプリBEST5