HOME » 高麗人参の有効成分を調査 » そのほかの注目成分

そのほかの注目成分

 高麗人参に含まれているマグネシウムやカリウム、アルカロイド、アミノ酸の一種アルギニンについて解説します。

特に注目されている高麗人参アルカロイド

高麗人参ではサポニンが特に有効な成分として有名ですが、実はそれ以外にもさまざまな効能の期待される成分が含まれています。

マグネシウム

ミネラル成分であるマグネシウムは、筋肉の動きの調整、神経の興奮の鎮静化、骨の形成のサポートなど、体内でさまざまな働きをします。

カリウム

カリウムは血圧を下げる働きがあり、ナトリウムを摂り過ぎて血圧が上昇した際には体内でこのナトリウムを排出しカリウムを取り込むことで血圧を正常に保とうとします。このときにカリウムが足りないと血圧降下作用が上手く働かずに血圧は上昇することに。

カリウムは食品に含まれるミネラルなのですが、食生活が乱れていたり、ストレスがたまっていると不足しがちになります。

アルギニン

アミノ酸の1種に数えられていて、脂肪代謝を促進させ、免疫力を高める効果があると言われています。

成長ホルモンの分泌にも大きく関わっており、成長期の子供には特に重要な成分です。筋肉を強化することも知られています。 

アルカロイド

高麗人参に含まれる成分の中でも特筆したいのがアルカロイドです。アルカロイドの名前の由来はアルカリ(Alkali)にオイド(Oid)をつけたもの。オイドはラテン語で「似たような」という意味を持つ言葉で、つまりアルカロイドとは「アルカリのようなもの」を表すことになります。

一般的にアルカロイドと言えば有毒な印象を持たれていますが、実はごく薄めて使うと薬効があることがわかっています。

高麗人参のアルカロドにも免疫力を高める働きがあると言われており、現在特に注目されています。

高麗人参の効果をサプリで実感!おすすめサプリBEST5はこちら>>

この記事の関連のページ