HOME » 高麗人参の有効成分を調査

高麗人参の有効成分を調査

 高麗人参に含まれるサポニンとそれ以外の注目成分の特徴や効能を紹介しているカテゴリーです。 

高麗人参のパワーの秘密は有効成分 

「サポニンの効能」のページでは高麗人参の主要成分であるサポニンの効能や働きについて解説しています。 

サポニンは天然の有効成分で大豆など色々な植物に含まれています。

抗酸化作用を持っており、生活習慣病や肥満の予防にも役立つと期待されるなど現在最も注目を浴びている成分のひとつ。 

特に高麗人参に含まれるサポニンは他の植物のものに比べて含有量も多く、数多くの効能が見込まれています。 

サポニンは植物によって含有されている量や作用が異なり、また同じ高麗人参であっても加工や栽培年数で含有量や効能に違いのがることもわかっています。 

サポニン以外の「そのほかの注目成分」のページでは、高麗人参に含まれているマグネシウムやカリウム、アルカロイド、アミノ酸の一種アルギニンについて解説。 

筋肉の動きの調整、神経の興奮の鎮静化、骨の形成のサポートなど、体内でさまざまな働きをするマグネシウム。

カリウムには血圧を下げる働きがあり、アルギニンには脂肪代謝を促進させ、免疫力を高める効果があると言われています。 

また、免疫力を高める働きがあると考えられ高麗人参のアルカロイドについてもふれているので、ぜひ下層ページをご覧になってみてください。