HOME » こんな症状にも!高麗人参の効果を徹底検証 » 生理不順・更年期障害

生理不順・更年期障害

 高麗人参の薬効成分サポニンには、女性ホルモン・エストロゲンの分泌を促す効果や自立神経のバランスを整えたり、血行を促進する効果があり、女性特有の悩みにもおすすめです。

ここでは、高麗人参が生理不順・更年期障害へ効果をもたらす仕組みなどを解説します。 

ホルモンバランスの乱れにも高麗人参のサポニンが有効

更年期障害は特に女性に多く見られ、40代後半から50代前半で症状を訴える人が増えてきます。兆候は全身に及び、不安感・めまい・不眠・耳鳴り・ほてり・冷え・息切れ・のぼせ・月経不順・残尿感・頻尿・しびれ・発汗などなど、実にさまざまな症状に襲われます。

しかも更年期障害には個人差があり、軽い人もいれば生活に支障をきたすほど症状が重い人もいて、同じ症状が続けて現れるとも限らず、毎回違う症状が代わるがわる起きることも。 検査をしても目に見える結果が現れることもなく、症状が多岐にわたることからも更年期障害の治療は非常に面倒です。  

男性とは異なり、女性の場合は1ヶ月の間にホルモンバランスが変化するため、月経の前後や最中にはイライラしたり体調が悪くなることもしばしば。 

閉経が近づくと女性の体内では卵巣の機能も低下しますが、それに伴い女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少するとホルモンバランスの乱れた女性の体には更年期障害となってさまざまな不調が現れるのです。 

高麗人参なら副作用もなく安心

症状があまりにも酷い場合にはホルモン補充療法が取られ、ホルモンを薬などで補う治療が行われます。ただし、これは副作用のリスクもはらんでいるため、できれば最後の手段として用いたいところです。

軽度の更年期障害の症状であれば、高麗人参に含まれるサポニンも有効です。サポニンには、女性ホルモン・エストロゲンの分泌を促す効果があるからです。

また、サポニンは副作用の心配がないので安心ですし、更年期障害に多く見られるのぼせや冷え、手足のしびれ、発汗、頻尿など、血管の運動神経障害が原因となっているものや自律神経と消化器系の症状に効果を発揮してくれます。 

生理不順・更年期障害への高麗人参の効果に関する口コミ 

  • 「更年期に入り、のぼせに似た症状が出始め、血行を良くしたくて高麗人参が含まれている物を飲んでみようと思いました。症状が悪くなることもなく安心しています」 
  • 「何事も続かない私ですが、高麗人参は続けて摂取できています。そろそろ更年期を迎える友人にも勧めたいですね」

女性の悩みにも高麗人参がおすすめ!口コミ評価の高いサプリBEST5を発表!