HOME » こんな症状にも!高麗人参の効果を徹底検証 » 糖尿病

糖尿病

 高麗人参が糖尿病へ効果をもたらす仕組みなどを解説します。

食事療法に取り入れると効果的

糖尿病は、すい臓で作られるホルモンの一種インスリンが上手く作用しなくなり慢性的に高血糖になっている状態のことです。

インスリンの分泌量が足りなかったり、その働きが鈍くなると、栄養分が細胞に取り込まれなくなり、血中のブドウ糖の濃度が増えてきてしまうことが問題となっています。

長い期間高血糖の状態が続くと、危険な合併症が起こる場合もあるため、治療ではできるだけ血糖を正常に戻さなくてはなりません。

治療には食事療法・運動療法・薬物療法があり、中でも食事療法は糖尿病治療の基本となります。

糖尿病の場合、インスリンが上手く働かなくなってくると、ブドウ糖を利用することができなくなった体は、その代わりのエネルギーとして脂肪酸を分解するようになります。

このとき、副産物としてケトン体と呼ばれる酸性物質が同時に生まれてしまうのですが、このケトン体が血液中に増えると血液が酸性の状態(ケトアシドーシス)になってしまい、昏睡の危険性もあるのです。

高麗人参は糖尿病治療について予防やサポート的な役目を果たします。高麗人参には糖尿病の人が問題を抱えているすい臓で作られるインスリンの合成を活発にさせる効果があるとされているのです。

高麗人参を摂取することで細胞は糖をスムーズにエネルギーへと転換できるようになり、血液中の糖濃度が一定に保たれるようになります。臓器への負担が減るのもメリットです。

糖尿病の予防や治療をサポート!口コミ評価の高い高麗人参サプリBEST5とは?