HOME » こんな症状にも!高麗人参の効果を徹底検証 » 動脈硬化・血栓

動脈硬化・血栓

 高麗人参が動脈硬化・血栓へ効果をもたらす仕組みなどを解説します。

悪玉コレステロールの減少をサポート

動脈硬化は動脈の中にコレステロールや中性脂肪などが付着し、それが血栓となって血管が詰まったり硬くなり弾力性や柔軟性を欠いた状態を言います。

動脈に弾力性や柔軟性があれば臓器や筋肉などに豊富な酸素や栄養素の供給されますが、動脈硬化になるとスムーズに血液が流れなくなり、これらが運ばれていかなくなります。

動脈硬化が進行すると、狭心症や心筋梗塞など心疾患、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患を引き起こす危険性が高まってしまうので要注意です。

動脈硬化の進行に深く関係しているのが血液中のコレステロール。コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあると耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

悪玉コレステロールは血管の細胞を硬くし柔軟性を失わせるなど動脈硬化を引き起こす原因となります。

逆に、この悪玉コレステロールの働きを抑えるのが善玉コレステロール。です。

高麗人参は悪玉コレステロールの分解や排出を早め、血管を広げ血流をスムーズにすることで血栓をできにくくする作用があると言われており、善玉コレステロールの増加にも期待が寄せられています。

動脈硬化を伴う脂質異常症や高脂血症などの疾患は自覚症状がないことも厄介。いつのまにか動脈硬化が進んでいて、ある日突然に生命の危機にさらされる恐ろしい病気です。

代謝を高める高麗人参は肥満の解消にもオススメなので、メタボリックシンドロームの兆候がある人はそれを放置せずに食事や運動に気を使い、十分に注意してください。

動脈硬化や血栓の予防には高麗人参が◎ サプリBEST5を発表!